相場:普(激高>高>普>低>激低)
評価:C(SS>S>A>B>C>D)

設定1  97.9%(98.9%)
設定2  98.8%(99.9%)
設定3  100.6%(101.7%)
設定4  103.2%(104.3%)
設定5  106.2%(107.3%)
設定6  110.0%(111.1%)

前作のA+ARTという形態から、A+RTという形になり遊びやすい変化になりました。この辺はコードギアスと全く同じ流れで、いわば今回のRT仕様は、コードギアスのC.Cバージョンとほぼ同じです。違うのは、ボーナス確率でC.Cバージョンではボーナスが重めになっていましたが、本機種は、1/162~1/130と大分軽くなりましたね。

今作は、GRT第三弾ということで、GRT第一弾のコードギアスC.Cver、第二弾の北斗の拳修羅の国篇 羅刹verからの流れとなっています。