相場:高(激高>高>普>低>激低)
評価:B+(SS>S>A>B>C>D)

設定1  98.1%
設定2  99.3%
設定3  101.8%
設定4  104.6%
設定5  107.6%
設定6  111.9%

藤商事といえばこのリングなわけですが、前作のパチスロリング呪いの七日間では、手があまりにもチープでスロット機としては中々厳しいかなと思われたのですが、意外や意外かなり打っている方も多く、2017年現在に至っても現役台となっており、善戦しています。

今回のリングは個人的には、B+の評価をつけていますが、Aをつけたいと思っています。何より筐体を一新し、手の役物がパチンコレベルの仕上がりにしてきたということです。演出バランスも中々良く、召魂ゾーンもうまい具合の確率になっています。

小役 状態
低確 高確 超高
リプレイ
ハズレ
MB中ベル
押し順ベル
MB
2.002%
共通ベル 0.098% 0.195% 2.002%
弱チェリー 1.001% 3.906% 99.979%
スイカ 99.979%
チャンス目 10.001% 25.000% 99.979%
強チェリー 20.001% 50.000% 99.979%
強ベル 50.000% 75.000% 99.979%

この他に超召魂ゾーンも存在しますが、こちらはボーナスが確定。高確率でARTに直撃抽選を行っています。とにもかくにも打っていて思うのですが、良く当たるし、ARTにもガンガン行く仕様になっています。

これは、そもそもの機械割が甘いためですね。ただ唯一難点があるのが、マイルド過ぎるということ。大体スロット機というのは、荒く作らており、今まで上手くいったケースはエウレカセブンなどですが、こちらは比較にならないほど通常時やARTなどが作りこまれていたので、比較するのもあれなんですが、ホントに1000枚出ない笑

たまーに一撃で凄い出玉を見せつけることがあるのですが、基本的に軽く・少な目だけど、ART楽しめるよ!という仕様になっていますね。私個人的にはとても好きで、よくこの機種打っていますね。特に400-650のゾーンは笑

こんなところで当たるんだーとか、こんなところで手が落ちてくるんだーという箇所が何ポイントもあり、個人的にはかなりおススメの一台。新筐体ということで藤商事も気合が入っているのが伝わってくる一台です。

パチンコ好きの人も、「ギャァー」を楽しみに打てる台ですし、スロしかやらない人もこれを機にパチンコのリングをやるべきだと思います。ちなみに私のデビュー作は、パチンコリングです。笑

リング 終焉ノ刻の現在の価格はこちら