意外とハイエナの少ない(あんまり対象にならない)本機ではあるが、明確にゾーンと呼べるものが存在する。なんでこんな機種をいまさら打っているかって?それは誰もやらんからである。ハイエナに関しては、凱旋の天井狙いや今でいえば新リングのゾーンや聖闘士星矢などが皆さん好物かもしれんが、そんなものはどーでもいい。

私はこういったマニアック台を責めるのが好きだ。本当は設定狙いで遊びたいのだが、面白いぐらいに設定1を置いてくれるので、ハイエナをやる以外に遊ぶ方法が無いというわけである。

この台、おおよそ15台ほどゾーン狙いをしているが、未だに当たりがない。なんでやろ。

この機種は基本的に天井狙いには向かない。何故なら天井は、33周期とかふざけたゲーム数だ。しかも新基準機であるため、期待枚数は落ちる。問題なのはゾーンとなる周期を狙い撃つことでしか遊ぶことは出来ない。もう一度言おう。それでしか遊ぶことは出来ない。

ゾーンは、以下の通り。

3周期,7周期,11周期,22周期

約30~40G刻みだから、約90~120G,230~280G,380~440G,800~880Gとなっている。(コイン入れないと分からない)

 

周期の背景は、(尾瀬は転載。他のやつは実際撮影。)

3周期であれば「尾瀬」振り分け:7%

7周期であれば「イグアスの滝」振り分け:7%

11周期であれば「イエローストーン国立公園」振り分け:10%

(無かったので画像は本物の画像)

22周期であれば「サハラ砂漠」振り分け:25%

それにしても背景ぐらい最初に告知だけじゃなくて、テロップで常時表示してほしいもんだ。一体何の背景なのか分からない。サハラ砂漠は夕方背景で撮った画像だが、見事に激熱からガセ。そして海底で弱チャンス目プッシュでアウト。死んだ方がいいなこの機種。

なるほど、冷静に考えてみると低いゾーンの3周期と7周期と11周期で合わせて、25%程度しかないのか。。

、、いや待てよ

 

結構あるがな!

 

なんでこれ当たらないんだろう。夕方背景や高段位などを含めてのこれは数値なのだろうか。そらそうだろう。とすると、ある程度下がったとしてもこの周期は打つに値しないということはないだろう。あの今はやりの馬よりは絶対マシだと思う。

戦犯↓

可愛いからつい打っちゃうわけだけど、ホントに出ない。死ぬほどでない。出る時あるよね?というレベルではなく、この馬(女?)は恐ろしく出ない。それもそのはずどうみてもこれはデータがおかしいわけで、初当たりの枚数に違いがあるのは確実。まぁそんな馬のことはどーでもいいとして、問題なのはこのゾーンが当たらないことである。

何が原因なのかを探ってみるために解析サイトをググる。っていうか、この機種新基準機のくせにやたら回んねーなと思ったら、37Gしか回らんのね。

必死こいてゲームフローの確認をする。リプレイを引いて、チャンス役を引いて上がりに向かう。リプレイを引いて、チャンス役を引いて上がりに向かう。リプレイを引いて、チャンス役を引いて上がりに向かう。なるほど。簡単だ。

えっ?チャンス役?チャンス役って何?

1/100 弱チャンス目

1/400 強ちゃん目

なるほどね。どうやらこれは配牌を大幅に進める役ではなかったらしい。これが最後の一押しになるなら、そら上がれんわな。私てっきりこれリプレイ連打とか外れで抽選しているものだと思ったよ。確かにテンパイ時にスイカが外れてすげー演出で煽ってくれることもなかったな。理解した。理解したが次はまだ打てるのかという疑問。

なんとかして初当たりを引きたい。