ひっさびさにこの機種打ちました。そうバジリスク3。この準備中がバジリスクシリーズが一番好きでね。演出がかっこいい。前回まではBGMも良かったんですがね、今作はそれほどでもない。

演出は一新したのは良い!大分これは評価したいポイント。仕様が大分変わってしまって、1.7枚のARTでボナ込みで2.0枚。ちなみに天井はボーナス&ART間ではなく、ART間1200Gだそうだ。

CZ自体の期待度が高い分、中々CZに入らない。要はこの機種モンハンちっくに変わったということね。

ART中はひたすらベルが揃うことを願いながら、チャンス役を待つゲーム。で、今までは瞳術チャンスといえば、そこそこ期待できるものがだったのが、今作からただ20G上乗せされて、1ストック頑張ってねゲーになったところ。これは良くない。1/160の瞳術揃いなどふざけている。ちなみにボーナスで100%上乗せするが、そもそもが1/900なので引けるはずがない。

何を言いたいのかというと、この機種の事故る要素は、真・瞳術チャンスのみ。(1/5で瞳術揃い笑)

(千客万来ではないな、、)

前作も事故る要素は同じだったんだけど、そもそも人気機種であるがゆえにホールが設定入れてくれたところが大きい。機械割もダウンし、皆の期待度を裏切ったのが大きいね。

ただ、皆が言うほど酷評と言える台ではないということも一言付け加えておきたい。この機種は確かに今までのバジリスクと比べると、圧倒的な劣化台と言える。だが、演出はきっちりと作っているし、デフォルメキャラの戦いもそれほど気にはならない(気になる人は多いが)

この台の改善点を挙げるならば、モンハン月下のようにメーターを作って、プレイヤーに視認させればよかった。そういう意味ではホントにモンハンは良く出来ている。無双連撃によって、メーターがガツガツ減っていたらそれは楽しかろうと思う。人数による調整は、これは継続率によるやらせだったらこれで良いのかなとは思うが。