相場:低(激高>高>普>低>激低)
評価:A(SS>S>A>B>C>D)

設定1  96.8%
設定2  98.6%
設定3  101.6%
設定4  103.1%
設定5  107.5%
設定6  109.8%

どでかいドーナツビジョンは当時誰もが圧倒されました。
とにかく大きい。告知の7図柄も大きく、マックス出玉の711枚の機種であるため、
吉宗か主役は銭形か鬼武者かと711枚機種の大きな流れの時代でした。

高確率ゾーンは、百鬼モード。超高確率ゾーン(ほぼ確定)は千鬼モードだったと思います。

この機種は、ヒョウ柄(ロデオは全部そう)がいっぱいでないとダメという
機種。最初はヒョウ柄でテンションが上がるものの、平気でがせるため、
ヒョウ柄はチャンスであるということが共通認識になりました。

ビック中に32G以内の当たりか天国内256以内の当たりかを
告知することもある。っていうか、256Gというのはもはや天国なのかどうか
という事は誰しもが疑問符がつくところでした。

結果的にはヒット機種といってよいと思います。
私も好きな機種の一つです。

旧鬼武者3(初代)の現在の価格はこちら