(エウレカで一番好きな二人!レイ&チャールズ)

エウレカセブンはかなり思い出深いものがある。初打ちでフリーズを引いてしまい、アニメをその日に全部観るつもりだったのに、謎のネタバレを食らったり、バケセブンフラッシュから5回確定だった押し順ナビをミスって4回にしてしまったり、レイ&チャールズ演出でレイのおっぱいを見る度にスイカを取りこぼしたり、ホントにこの機種は良い思い出しかない。

元々、A+ARTのマイルドだっただけに2にATのみになった時は心底悲しかった。エウレカだけはエウレカだけは正統派でいて欲しい。そう願ってあんまり打っていなかった。そしてみんなもそうだろう。

でもね。意外とこれ最後はそこそこ人気があった。というのは、意外と正統派のAT機としてちゃんと作ってあった。勿論初代と比べてしまっては劣化と言われても仕方ないのだけれど。この機種は殆ど良い思い出がない。唯一良い思い出があったのがフリーズだろうか。

確かセブンスウェルとかで2000枚くらい出た記憶があるが、それを越えたことは今までにない。

そんな思いに浸りながらホールを歩いていると(嘘)、4スルーで499Gという台に遭遇。そのうち一回は赤ボーナスの方。つまりモードB以上は確定だ。どうみてもこれは打つしかないと。(モードB以上はかなりの確率でデューイモード)

打ったらば、わずか数ゲームでやはりデューイ。

そして何も引いていないがAT突入。簡単だ簡単すぎる。

コーラリアン単発終了後に引き戻して、100G駆け抜けようとしている。(白目)

それにしてもこの機種50Gでどないせえと。まだその後連続演出で勝つとか負けるとかあるなら良いんだが、さっくりと駆け抜けて終わるパターンが殆ど。まぁこの機種によらないんだけどね。

それにしても今回は引くことのできなかったコーラリアンモードの上のランプの「エアリアルモード」という上乗せ特化ゾーンは、入るときの音がとんでもなく気持ちよい。ピロリロー、ピロリロー。

それにしてもエウレカ2は最初に思ったのは、ボーナスリンクシステムは面白いなと思った。上乗せゲーム数とボーナスの期待度がリンクする。なるほどね。ありそうでなかった思考だ。これ確かにいけるわけだよね。20~30G乗せが多いわけだから、その期待度に乗せて、疑似ボーナス当選させても良い。よー考えた!あっぱれなりぃ。