初代番長

015435_main_image_s

相場:低(激高>高>普>低>激低)
評価:SS(SS>S>A>B>C>D)

  • 設定1  96.6% 
  • 設定2  99.4% 
  • 設定3  102.2% 
  • 設定4  104.8%
  • 設定5  106.5%
  • 設定6  107.7%

見ての通り、設定5,6がとても辛い機種。
というより、そもそもこの台自体はとてつもなく辛く、当時は皆がいやだいやだ言いながら
打っていたのを思い出します。設定6放置というのも良くありましたね。

当時の当たり前の状況ですから、仕方ありませんが、波も超絶に荒く
初代ATのあたりよりかははるかにマシではあるものの、相当にきつい台でした。
ですが、演出はめちゃめちゃ面白く、最後の最後まで惜しまれつつ無くなっていた機種です。

中古市場においては、あまり値が動いていません。

現在の価格は2万円ですが、これならば番長2またはサラリーマン番長を購入した方が
良いかと思われます。

初代パチスロ番長の現在の価格はコチラ

番長2

unnamed

相場:低(激高>高>普>低>激低)
評価:SS(SS>S>A>B>C>D)

  • 設定1  1/157.5(疑似ボーナス+頂ラッシュ) 96.8% 
  • 設定2  1/149.3(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  97.6% 
  • 設定3  1/150.3(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  99.9% 
  • 設定4  1/131.3(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  104.9%
  • 設定5  1/134.6(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  109.5%
  • 設定6  1/107.1(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  114.1%

疑似ボーナスでゾーンという概念を入れ、後にまどかマギカなどに絶大な影響与えた、
4号機番長の正統後継機です。パチスロ好きならば、打っていない人は居ないと言えるでしょう。
前兆演出や、特訓演出のBGMなど前作のファンにはたまらない仕様になっており、
上手くATを楽しくプレイすることに重きを置いています。

悪く言えば、相変わらずの演出。よく言えば変わらぬ演出だからこそ良いという
ジレンマになりますが、この機種は、演出こそ前作を大きく踏襲していますが、
中身は全くの別物。

バジリスクの変わり映えしないものより(バジが悪いわけではない)
しっかりコンテンツを作っています。中古市場でも人気は高く、長く高値で動いていましたが
現在では2万円程度で購入でき、今がまさに買い時です。

パチスロ番長2の現在の価格はコチラ

サラリーマン番長

20140707112314c8c

相場:低(激高>高>普>低>激低)
評価:A(SS>S>A>B>C>D)

  • 設定1  1/200.6(疑似ボーナス+頂ラッシュ) 97.5% 
  • 設定2  1/189.0(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  99.4%
  • 設定3  1/189.6(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  101.3% 
  • 設定4  1/173.0(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  104.4%
  • 設定5  1/172.2(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  108.3%
  • 設定6  1/146.9(疑似ボーナス+頂ラッシュ)  114.5%

番長シリーズ第三弾。パワーがなくなっている大都技研からリリースされた台。
今までのキャラクターを新しくして、番長が就職したという無理すぎる設定のもとに
新たなキャラクター、番長の上司である鏡慶志郎、清澄雫の二人がビッグとAT中を
盛り上げてくれます。

今までの操は今作から出てこなくなってしまいましたが、
フリーズ演出・AT後の操エンディングで見ることが出来ます。

パチスロサラリーマン番長の現在の価格はコチラ

3000枚越えをしたことがない サラリーマン番長稼働日記